2015年11月20日

■ CASE8:「バイクに詳しい先輩....」は●●フラグ!?汗 ■

『バイクに詳しい先輩にキャブ掃除して貰ったんだけど
エンジンが掛からないッス!』





・・・・いや、その先輩最後まで面倒見てあげましょうよ(笑)




そんな感じで入庫してきたオフ車。
さらに......





『燃料はエンジンまで入っててプラグは濡れるんスよ!
プラグも火は飛んでるんですよ!
先輩が言うにはイグナイターかコンピュータが云々・・・・(以下略』




もう、どこから突っ込んでよいのやら。汗





ラチがあかないので、とりあえず問診します。





Q:最後に乗ったのは? A:半年前ッス!

Q:その時はどんな調子? A:絶好調ッス!

Q:先輩はドコまで作業? A:キャブOHだけッス!

Q:保管はどんな状態? A:外ッス!(やや腐食あり)






ここまで聞いてピーンとくる人は、なかなかセンスがあると思います。







DSCF7917.JPG


正解はコレ。ガソリンが腐ってました。笑
※ついでに言うとプラグの火も「真横(笑)」に飛んでました。



バイクに詳しい先輩は『死亡フラグ』の恐れあり。笑

皆さんもご注意くださいませ。。。
posted by ゆたかん at 16:19| Comment(0) | 日記

2015年11月05日

■ 日本の名車 『カワサキ (K)Z1000MK-U』 ■

マメに更新が出来なくて本当に申し訳ありません.....orz





DSCF7718.JPG
DSCF7721.JPG


丸Zの『Z1』に対して、今回は角Z『(K)Z1000MK-U』のご紹介です!






・・・・さっきから(K)という文が使われているのですが、
これには理由があります。




実はマークU(厳密にはZ1000やZ1-Rも)には
『Z1000MK-U』と『KZ1000MK-U』の二種類が存在します。




Z1000MK-Uは「欧州(ヨーロッパ)仕様車」
KZ1000MK-Uは「北米(アメリカ)仕様車」
となります。




※当時、ヨーロッパでは「KZ」という言葉を使うことが
出来ない事情があったようです。
(ここでは説明しませんが「ドイツ KZ」と検索してみてください)





それぞれの仕向地の違うところを、
実車を確認しながら説明をしていきたいと思いますヾ(*´∀`)ノ





マークUは、
・1979年モデル Z1000-A3(排ガス規制車輌のA3Aもアリ)
・1980年モデル Z1000-A4
のたった二年の製造。




※ちなみにA1はZ1→Z900→ボアアップ版の『(K)Z1000』です。
 (キャリパーがFフォークの前部にマウント。A2は後部にマウント。)
 Fマスターシリンダーのカップが丸はA1、角がA2です。
 A1、A2共に北米はシングルディスク、欧州はダブルディスクとなります。





北米仕様と欧州仕様は車体番号でも見分けられます。



北米仕様→KZT00A-52・・・・〜
欧州仕様→KZT00A-038・・・〜(A3)
        KZT00A-041・・・〜(A4)



※北米仕様はノックダウン生産の為、A4モデルは無し





当店の在庫車輌はKZT00A-044・・・なので
『欧州仕様のA4モデル』ということが判りますね。





基本的にA3モデルとA4モデルには大きな違いはありませんが、


DSCF7729.JPG


A4モデルにはこのように三つ又エンブレムが標準装備されています。




DSCF7727.JPG

スピードメーターは240km/hのフルスケール。
※欧州仕様のキロメートル表示に対して
  北米仕様はマイル表示となります。





ハンドルは北米仕様のアップタイプに変更。
※欧州仕様はこれより少し低いセミアップ(コンチ?)ハンドルです。
  コンチハンドルにしなかった理由は後ほどご説明します。





実は北米仕様のハンドルはZ1及びZ1000と共通なんです
(80cm幅)。コレ、マメ知識です。笑




ライトスイッチは欧州仕様→ON/OFF有り 北米仕様→常時点灯です。
※入庫時にセルボタン欠品だった為、PMCの新品に交換済み。




ミラーは左右ともカワサキ純正品。
実は現在でも手に入ります。(笑)
品番は「56001-1030」です。





DSCF7735.JPG


テールカウル内に収まるべきリフレクター(反射板)。
実はアレ、北米仕様だけなんです。
欧州仕様はこのように黒いプラスチックで覆われています。




それとリアウィンカーのマウント位置。
欧州仕様はナンバーの真横にマウントに対して
北米仕様はリアタイヤの中心辺り
(写真のゴムキャップで覆われてる箇所)となります。


※ウィンカーのマウント位置はZ400Jの
北米&欧州仕様でも異なっています。





DSCF7731.JPG


リアフェンダーも仕向地によってことなります。
写真のフェンダーは短いものが付いていますので
「北米仕様」になります。
欧州仕様はもっと長く、最下部にリフレクター(反射板)が
装着されています。



テールレンズは欧州仕様のままの為、
残念ながらこのままでは車検に適合しません(汗)
北米仕様のテールレンズもしくはリフレクターが必要となります。





DSCF7732.JPG


ガソリンコックはピンゲルのものに変更されています。




外装はリペイント無しのオリジナル塗装(当時物)。
細かいキズ等はありますが、ツヤもあり綺麗な状態です。


DSCF7733.JPG
DSCF7734.JPG


オリジナル塗装の証。
白丸で囲っている部分の金ラインがうっすら重なっているのが
お分かりになりますでしょうか?
当時のライン(転写シール)を使っていることがよくわかります。
(塗装ではこの重なりはだせません)




DSCF7736.JPG
DSCF7737.JPG


左右のレバーにクリアコーティング。モチロン当時物。
転倒歴な無いことがよく判ります。








さらにこの希少?なフラッシャーブザー!
ウィンカーの消し忘れもありませんっ!笑





旧車がかなり枯渇しているこの時代。
これだけオリジナル度が高い車輌はなかなか見掛けることが
出来なくなってきました.....。




Z1000MK-Uもかなり高額化しているのも事実であります。



悪徳な業者にダマされないように
ご自身が車体番号や仕向地の違い等の知識を持ち、
お気に入りの一台を見つけ出すことが大事です。。。



旧車購入に関するご相談やアドバイスも承ります。
他店購入車でも大丈夫です!




このブログを読んでくれた皆様には、
「最高の一台」と巡り逢えますように......。



Z1000MK-Uの動画はこちら








posted by ゆたかん at 19:35| Comment(0) | 日記